Philosophy哲学

Mission

UPDATE LEGAZY

先人が作り上げた実績も進歩がなければ、時代遅れのものとなる。
インターネットの普及、グローバル化、テクノロジーの進化など
様々な変化により、時代遅れになりかけているものもある。
ただ、私たちは現代において時代遅れとなってしまったものでも、過去の否定はしない。
過去を認め、肯定し、いいところは残す。
時代遅れになっている部分はテクノロジーと情熱をツールに塗り替える。
塗り替えたCreativeで未来のスタンダードを創り出す。そんな挑戦を続けて行きたい。

Core Value

Seven Souls

未来のスタンダードを創ること、変化を求め続けること、先人を超えていくこと。
どれも簡単なことではない。
しかし、個人のスキルや想い、情熱が同じ方を向いた大きな矢印となった時には、それが実現可能になる。
我々は7つのスタンスを通して、レガシーを塗り替えていく。

01個人で成長、チームで成功

会社は個人の集合だ。個人の成長無くして会社の成長はありえない。
だが、誰か1人の力では大きな成功は掴めない。
日々の成長は個人で追い求め、未来の成功はチームで追い求めることが重要だ。

02成長に飢えろ、挑戦を味わえ

成長とは、1日で成されるものではない。毎日の積み重ねが重要だ。
成長に対する飽くなき探究心が人間を成長させる。
さらに、人は成長することによって見えなかった世界が見える。挑戦したいことが増える。
日々の成長と新しいことへの挑戦は成功への第一歩だ

03逃げずにやりきる

できることから逃げる人はいない。逃げたくなる状況は自分ができないことに挑戦しているからだ。
成長期には痛みを伴うものだ。その状況から逃げずに耐えたものだけが次の機会を得られる。

04自責無くして成長はない

環境や他の人のせいにして何かをやらないことは簡単だ。
あなたができることに目を向ければ、あなたは成長する。
あえて難しい道を選ぼう。

05Speed for Result

結果を出すための最速の道を選ぶ。ただやみくもに速いだけでは意味がない。
スピードを大事にする会社は多いが、我々は結果を出すためのスピードを大事にする。
時間をかけるべきところはしっかりとかけ、時間をかけなくてもいいところは最速で終わらせる。
結果を残すための時間の使い方を大事にする。

06細部にこだわれ、感動を与えろ

神は細部に宿るというが、人間に感動を与えるのは細部だ。
見た目だけ良くても、細部まで一貫されていなければハリボテでしかない。
本当に感動できるものを創るには、見た目はもちろん細部までこだわってこそだ。

07全ての失敗は成功への伏線、
回収しろ

時には、失敗することだってある。
反省はしても後悔はするな。失敗は成功へのエッセンスとなる。
成功すれば、それは失敗ではなくなる。次にできることを考えよう。